【企業研究】総合商社の変わりゆくビジネスモデルについて話を聞いてみた【三菱商事】

企業研究

みなさん三菱商事って企業の名前は聞いたことありませんか???

ロイ
三菱商事という言葉は聞いたことがないという方も、三菱という言葉は聞いたことある人が多いのでは??

三菱といえば、岩崎弥太郎という方が創設した商社でも有名ですが、三菱といえば三菱自動車と思い浮かべる人の方が多いのかな??

ま、雑談はこのくらいにしておいて、先日僕の在籍している地方国立大学に三菱商事の社員さんが来て、話をしてくださいました。

ロイ
なぜ旧帝国大学でもないただの地方国立大学に、三菱商事の社員さんが話に来るんだろ・・・

その時に、三菱商事の社員さんがしてくださったプレゼンと、僕が質問をした内容を元に、三菱商事を始めとする総合商社のビジネスモデルとどういった人材が求められているのかを自分用メモを兼ねて記事にしておこうと思います。

こんな人にオススメ
  • 総合商社への就職に興味がある人
  • 地方の大学生で、大企業への就職を考えている人。
  • そもそも総合商社がやっている事が分からない人。
スポンサーリンク

総合商社がやっている事、ビジネスモデルを知っておこう

ロイ
総合商社って高給取りってイメージしかないけど、実際のところどんな事をやっているの・・・???

と疑問に思っている方も少なくないと思います。
僕もその中の1人でした。

総合商社といえば、若くして年収1,000万円を超え、日本のみならず海外を飛び回る激務で、更に取引先との飲み会の数も多い。
何となく早慶の体育会系の学生がいくような所なのかなってイメージがありました

しかし、今回うちの大学で話をしてくださった社員さんは、非常に気さくで人当たりの良さそうな方でした。体育会系とはお世辞でも呼べないような人です。

それに加えて、三菱商事の事を色々伺うと、自分が思っていた総合商社は全くの別物だったってことにも気づかされました。

僕は就職活動で総合商社は興味はありましたが、最初から無理かな〜と思い敬遠していた所でしたが、これからの就活で総合商社も受けてみたいという気持ちが高まりましたね

三菱商事について
  • 業界最大手
    →総合商社と呼ばれる企業の中でも先駆者的立ち位置
  • 様々な企業との繋がり
    →数多のグループ企業による、バリューチェーンの創出。
  • B to Bメインのビジネス
    →ビジネス to ビジネス。最近では、B to C(顧客)もやろうとしている・・・?
  • グローバルネットワーク
    →90ヶ国、200ヶ所。

総合商社のビジネスモデルは、Trading(トレーディング)から事業投資、そして事業経営へ。

総合商社のビジネスの根幹はトレーディングにある。

これまでの総合商社のビジネスの根幹を成していたのはトレーディングでした。

例えば、海外であるものを100円の希望小売価格で売りたいと考えている会社と、それを買いたい会社の間に入ってマージンをもらう、これがトレーディングになります。

いや、このビジネスモデルって必要なの??って思う方も多いと思います。僕もそうでした。

しかし、このビジネスモデルが成り立っている理由っていうのは、総合商社が持つ幅広いグローバルネットワークがあってのことみたいです。

例えば、ポテトチップスの種類がたくさんあるように、総合商社が取り扱う商品の中でも、同じ種類の商品でも、売られている会社が違ったり種類が違ったりする訳です。

そこで、総合商社は、幅広いグローバルネットワークを元に、Buyerにとって一番合理的な商品を提供すること、これに価値を見出していたのです。

1900年代終盤には、商社不要論という言葉も出てくるくらいメディアにも叩かれた経緯があるみたいですが、それでも総合商社がこのビジネスモデルを続けられたのは、総合商社への信頼とネットワークのお陰と言っても過言ではないようです。

そして、このトレーディング事業により総合商社はビジネスのノウハウを蓄積していったのです。

東日本大震災の時にも総合商社は役に立っていた

東日本大震災の時、東京電力の原子力発電所がメルトダウンしました。そこで一時期、世論は原子力発電から火力発電への期待が一気に高まったことで、総合商社はその幅広いネットワークを元に、海外から石油の輸入の一端を担っていたようです。当時はかなり忙しかったみたいですよ。

トレーディングから事業投資へ。

先ほどチラッと言葉を出しましたが、総合商社における事業投資というはバリューチェーン(付加価値の連続)を作り出すことです。

『投資』という言葉を聞くと、

ロイ
株式などに投資をして、その株式が高くなって利益が出た時に売る

というようなことを考えがちですが、総合商社のおける事業投資はそうではありません。

そう、もう一度言うことになりますが、

バリューチェーンです。

これまで、三菱商事は、資源調達から小売までのビジネスの潮流の中で、間に立って付加価値を創造するトレーディングビジネスを展開してきました。

そこで、事業投資というのは、それぞれの取引先に積極的にコミットメントをするために、取引先に資金を投入(株式の取得など)をすることにより、三菱商事の知識やノウハウを提供するのです。

そうすることで、ビジネスの潮流のなかで、取引先同士の結びつきが強くなりその潮流が太くなり、結果として収益増に繋げるというものですね。

 

このバリューチェーンを太くしていく段階、これを事業投資と言います

そして現在は、事業投資から事業経営へ。

事業投資をすることにより、バリューチェンを太く強くし、収益を上げてきた総合商社。

そして更に総合商社はビジネスモデルを、事業経営へとシフトチェンジしていきます。

三菱商事は先週金曜日(9月16日)、最大で1440億円を投じて株式公開買い付け(TOB)を行い、コンビニエンスストア第3位のローソンの株式を買い増して同社を連結子会社にする方針を発表した。

引用:マネー現代

いちばん身近な例で言うと、ローソンの子会社化ですね。

つまり、資金や人や知識、ノウハウを提供するに止まらず、

投資先で主体的に機能を発揮し、事業価値を創出する。そして投資した先のビジネスによりコミットメントすること

これこそが現在の総合商社のビジネスモデルの根幹であるとも言えるでしょう。

ロイ
バリューチェンのゴールである小売業:コンビニエンスストアの経営を行うことでより効率的なバリューチェンを作り出すことができるね。

そうすると、自ずと総合商社が求める人材も見えてくるはずです。

スポンサーリンク

変化の真っ只中にいる総合商社が求める人材とは

現在の総合商社はビジネスモデルの転換期にいると言っても過言ではありません。

そのようなバックグラウンドもあるため、総合商社では、以下のような人材を求めているそうです(三菱商事社員さんによると)。

三菱商事が求める人材増
  1. 創意工夫
    →主体的なビジネスイノベーションと述べられましたが、変化に対応できるフレキシブルな人材の事だと僕は解釈しています。
  2. 事業価値
    →持続性のある付加価値を生み出せる人。これも1と少し似通っている部分があると思います。
  3. 経営人材
    →社員さんは特にこれに関して時間をとって力説されていたので、これこそが今の総合商社が求める人材像であると言っても過言ではないと思います。これについては下で詳しく説明します。

社員さんは、

経営人材とは、高い倫理観を持って、変化への想定力を持ち、困難を乗り越える実行力がある人のことだ

と仰っていましたが、僕的に解釈すると、経営人材と専門家は違うという事だと思います。

専門家は、専門的なスキルが問われ、分業で能力を発揮するような仕事で、従来の総合商社のトレーディング事業においては求められていた人材かもしれません。

しかし、事業経営に本腰を入れバリューチェーンを太く強くしようとしている今の総合商社に求められるのは、

  • 専門人材を束ねるリーダーシップやスキル、そしてセンス
  • 投資先の事業、つまり商売を丸ごと動かす人材
  • 育てるための教科書はないので自己成長のできる人材

のことでしょう。

つまり、大学での苦難や困難、マネジメントの経験があると強いのかなって感じました。

総合商社、憧れで終わらず選考に参加してみようと思います。

僕は地方国立大学生。

都心のハイスペック大学生に比べると見劣りするかもしれません。

しかし、僕しか経験していない事、トビタテによる留学など、使える武器はどんどん使って総合商社の選考に参加してみようと決心しました。

グローバルなフィールドで活躍できたらいいなあ・・・笑

総合商社の選考内容について知りたい方

僕が愛用している就活サイト『就活のノート』がオススメです。過去の先輩たちが体験した就活の選考の情報など、たくさんの就職に関わる情報がゲットできます。ぜひ登録しておきましょう。

就活の面接対策をするなら

↓面接対策をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就活を戦い終えた先輩方の情報がたくさん詰まった就活ノートで、この企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も参天製薬のインターンシップ選考で、過去に実際に参天製薬の選考を通過したESを参考にしました



↓ほんの数分で登録が終わります↓


就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス