地方の大学生は就職活動で不利なんだなって身に沁みて実感した話【インターンシップ選考】

地方×お金×就活

地方の大学生は、都心の大学生に比べて就職活動で不利になる。

って言葉は、僕が現在在籍している地方国立大学に入学してから、耳にタコができるくらいたくさん聞いてきました。笑

ロイ
本当なのかなあ・・・?

なんて思っていた時期もありましたが、いざ自分が実際に就職活動を迎えてみると

ロイ
確かに地方国立大学生は就職活動で不利になるな・・・笑

って感じで、ガッカリというか失望というか、これから大丈夫かなあなんて不安を抱いてしまうような出来事があったので、今日はそれを紹介しようと思います。

こんな人にオススメ
  • 地方の大学生で就職活動をしようと思っている人
  • 地方と都心の大学生の違いを知りたい高校生
  • 就活を迎える全ての大学生
スポンサーリンク

結論:地方の大学生は就職活動でやっぱり不利になります

見出しでもう結論を述べちゃっていますが、

ロイ
地方の大学生は就職活動で都心の大学生に比べて不利になるのは、本当です!!

はい、本当なんですよ。

なんでそう思うに至ったかの経験をちょっと詳しくお伝えしますねお伝えしますね・・・笑

某企業のインターンシップの一次選考に合格したは良いけど・・・

先日、参天製薬さんの1DAYインターンシップのエントリーセッション(一次選考)で、グループ面接をしてきたって記事を書きました。

【参天製薬】インターンシップ・エントリーセッションに参加してきた【内容と感想】

2019年1月27日

なんと、僕そのグループ面接を突破していたんですよね。笑

あまり自信はなかったし、グループ面接の練習が出来てよかった〜みたいな感じで思っていたのでびっくりでしたが、合格したことは事実で、学歴にあまり自信がない僕は、聞いたことのある企業の一次選考を突破できたことは素直に嬉しかったです。

そんなこんなで、次の選考手順が適性検査だった訳です。
テストセンターで受ける、SPIとかいう例のアレです笑

SPI受験って基本的には全国で受験できるはずなんですけど、なんと1月の段階ではまだ全国でSPI受験ができないんですよ!!

SPI受験の地方と都心の格差
  • 都心の学生は、一年中テストセンターでSPI受験ができる。(東京とか名古屋とか福岡ですね)
  • 全国47都道府県でSPI受験ができるようになるのは、就職活動が本格化する時期から。
  • 結果インターンシップの応募の段階でSPI受験をする地方大学生は、近くの大都市まで移動する必要がある
ロイ
結構酷くねえか、コレ笑

まあ、SPI受験を使用する企業の姿勢について批判するつもりはないんですよ笑

SPI受験で効率的に能力のある人を絞ることができる訳ですから、企業がSPI受験を使用することに関しては全く不満はないんです。

不満があるのは、わざわざ小一時間のテストのために、何時間も高速バスを使って移動しなければならないという、地方の不便さです笑

いや、わかりますよ??
そんなこと分かってるんだから、都心の大学に進学しなかったお前が悪いってことくらい。

でも、地方の大学に通わざるを得なかった学生(家庭環境とか)が、こういうことで不利益を被るのって可哀想だと思いませんか?笑

と、こういった事情もあって、SPI受験を近くの大都市で受験する日程が限られる訳ですけど、その日程が見事に大学の期末試験と被ってしまっていたんですよね。

コレばっかりはどうしようもありません。

素直に事情を説明をして、SPI受験の辞退をするメールを送ることにしました。

ロイ
嬉しかっただけに残念・・・

まあ、結局SPI受験のために近くの大都市まで8000円かけて受験する羽目にはなったんですけどね・・・笑

【地方格差】就活解禁までは地方学生はSPI・WEBテストを地元で受験することができない話

2019年2月23日

でも事情を説明したら配慮をしてくれました、感謝です。

と、そんなこんなでSPI受験辞退のメールを送り、せっかくチャンスを得たインターンシップを諦めてしまった僕でしたが、幸運の女神はまだ僕に微笑むことを諦めていなかったようです!!!

なんと!!!な、な、なんと!!

SPI受験の〆切を伸ばしてくれましたーー!!!!

地方の大学だし、仕方ないかって諦めかけていたところに、救いの手を差し伸べて下さって本当に助かりました。

受験会場は変わらず大都市で、高速バスで受験しに行くことはやっぱり負担はかかりますが、日程の配慮をしてくださっただけでも相当助かりますし

ロイ
地方の国立大学生でも、チャンスはあるんだな

って感じで、嬉しい気分になりました。

地方の大学生でも、ちゃんと事情を丁寧に説明すれば配慮してくださる場合があるってことを今回の件で学ぶことができましたし、今後の就活における不安も少し軽くなりました。

まあ、もちろん全ての企業さんがこういうことをしてくれるとは限らないんでしょうが笑

スポンサーリンク

地方のせいにする前に、事情を企業に説明してみる姿勢が大切

今回の一件で僕が学んだことは、

地方の大学生は就活で不利になる!?!?
  • 確かに、就職活動をする上で受験機会や交通費の観点から都心の大学生に比べて不利になることは多い
  • だけど、その不利益を地方のせいにするのは焦燥である。
  • 事情を丁寧に説明すれば、配慮をしてくれる場合がある

ってことですかね。

確かに地方の大学生ってだけで、下に見られたり、就活での不平等さを感じてしまう場面は多々あると思います。

でも、それを地方のせいにする前に、企業に事情を説明すれば配慮をしてくれる可能性もあるってことですね。

就活では、「言わぬが仏」ではなく、「ガンガン言おうぜ」が大事ってことですね。

それでは皆んさん良い就活を。

インターンシップの応募のきっかけになったオファー型就職サイト「OfferBox」についてはコチラから。

【OfferBox】CMも出してる大企業からオファーされた!オファー型就活サイトがオススメな件

2019年1月2日
就活の面接対策をするなら

↓面接対策をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就活を戦い終えた先輩方の情報がたくさん詰まった就活ノートで、この企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も参天製薬のインターンシップ選考で、過去に実際に参天製薬の選考を通過したESを参考にしました



↓ほんの数分で登録が終わります↓


就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス