地方国立大学生の就活進捗報告&就活費用【2019年2月分】

地方×お金×就活

どうも、みなさんこんにちは。

地方国立大学生で就活真っ只中のロイです!!!

僕は留学をしていたことと、教育実習で忙しかったということもあり、就職活動を始めるタイミングは都心の学生に比べると非常に遅い、3年生の1月スタートとなりましたが

就職活動自体は、結構スムースに進んでいます。

まあまだ就活の本番は解禁されていないので、これからの内定を貰うまでの段階ではうまくいくのかどうか不安で仕方がありませんけどね笑

先月もやった通り、今月分の地方国立大学生の就活の進捗と就活費用についてまとめていきたいと思います!!

地方国立大学生の就活進捗報告&就活費用【2019年1月分】

2019年2月2日
こんな人にオススメ
  • 地方の駅弁国立大学生が就活でどのくらい戦えているのか知りたい人
  • 地方の大学生が都心で就活をしようとするとどのくらいの費用がかかるのか知りたい人
  • これから就活を迎える地方大学生の人
スポンサーリンク

インターンシップに会社訪問、合同説明会と大忙しの月でした

国立大学生なら納得して頂けると思いますが、国立大学の期末テストって私立大学に比べると結構遅いですよね。

僕が在籍している大学では、2月の頭に期末テストがあったので、インターンシップの選考と色々被ったりして特に大変でした。

ただ、前に記事に書いた通り事情をきちんと説明すれば色々と配慮はしてくださるので、地方大学生のみなさん、積極的に企業の人事の方と交渉をする必要があると思いましたね。

『あー、地方だから仕方ない』と、地方に住んでいること自体のせいにせず、まずは交渉です。

地方の大学生は就職活動で不利なんだなって身に沁みて実感した話【インターンシップ選考】

2019年2月1日

2019年2月の学び①

  • 地方住みということで不利益はあるが、企業は配慮をしてくれるのでまずは交渉する姿勢が大切
    →地方住みだと、日程の都合が合わなかったり、移動の時間を含めると他の予定とブッキングしてしまうことがよくある。

製薬会社のインターンシップ本番に参加、そしてさらに勝ち抜いて次のセッションに進むことに

当ブログでは何度か触れていますが、僕はここ2ヶ月にかけて参天製薬という眼科に特化した製薬会社のインターンシップの選考を進めています

【参天製薬】1DAYインターンシップ・1st Stageに参加してきた【内容と感想】

2019年2月22日

【参天製薬】インターンシップ・エントリーセッションに参加してきた【内容と感想】

2019年1月27日
参天製薬との出会い

参天製薬さんとの出会いは、OfferBoxというスカウト型の求人サイトでした。そこで参天製薬さんからお声をかけて頂き、このインターンシップの選考を受けることになりました。

【OfferBox】CMも出してる大企業からオファーされた!オファー型就活サイトがオススメな件

2019年1月2日

このインターンシップには、①グループ面接による選抜、②SPI(適正・能力検査)による選抜の2つの選抜があり、それらを勝ち抜くとインターンシップ本番に進めるというものです。

ロイ
無事勝ち抜いたやで

そして時は2月中旬。

インターンシップ本番に参加してきました!インターンシップの内容が気になる方は、先ほど内部リンクで紹介した記事を参考にしてください!

インターンシップ自体はすごく刺激的で、何よりも自分の成長に繋がるものでした

そしてこのインターンシップでもなかなか良い成績を残すことができ、更に先のセッションへと進むこととなりました。また近いうちに大阪本社に出向くことになります。

2019年2月の学び②

  • インターンシップに参加することで成長ができる
    →非常に頭を使うインターンでした。楽しくもあり、キツくもあり、自己理解と成長に繋がります。
  • インターンシップのグループワークを通じて自分に足りない視点や配慮を再確認できた。
    →資料の向きだったり、グループメンバーへ話を振ったりなど、自分に足りないところが分かった。

東証一部上場企業のオフィス見学に行ってきた

これもまたOfferBox経由にはなりますが、東証一部上場企業のオフィス見学&会社説明会に行ってきました。

あまり馴染みのない『金融系』の企業にはありますが、銀行以外の金融のあり方を知るいい機会になりました。

上場はしていますが、結構若い会社でいわゆる『ベンチャー企業』と呼ばれる群に属する企業ですが、先の参天製薬という大企業との会社としての体質の違いを比べるのが面白かったです。

大企業は大企業で、しっかりとした福利厚生制度が整っていますが、ベンチャーはベンチャーで聞いたことのない福利厚生制度が整っていたりします。

例えば、退職金の前払い制度だったり、自社の株券で給与の数%をもらえたりと、大企業ではあり得ないような制度がありましたね。

それが良いのか悪いのかは僕には到底検討もつきませんが・・・笑

あとはベンチャーということで結構体育会系のノリもあったりして(慰安旅行が派手w)、『ああ、これがベンチャー企業なんだ〜、面白そうだな』って感じました(小並感)

ロイ
でもまあ福岡の一等地のビルにオフィスが入っているので、やっぱり勢いがあるんだなあと思います。

2019年2月の学び③

  • ベンチャー企業の勢いと独自性を知ることになった
    →ベンチャーだからこそできることってあるみたいですね。大企業の風土が合わない人にはベンチャーは働きやすそうだと思いました。要検討です。

地元で開催された地元企業メインのマイナビ合同説明会に行ってきた

僕は現在都市圏メインで就活を進めていますが、大都市に出て人混みの多さを経験すると、毎回『やっぱり地元が好きだな〜』となります。

まだ、首都圏で働くか、地元に就職するかは決めかねている状態なので、とりあえず地元企業の合同説明会に行ってきました。

結果からいうと

ロイ
行って大正解だったンゴwww

地元にも日本のみならず海外展開をしていて高収益な企業がありますし、そういった企業の話を聞くと『やっぱり地元で働こうかな』とも思ったりします笑

まだまだ就活は続くのでわかりませんが、地元企業で『ここだけは絶対エントリーする』と決めることができた企業を見つけることができたのは大きかったです。

2019年2月の学び④

  • 大都市だけでなく地元にも目を向けると面白い

2019年2月の地方国立大学生の就活費用

と、こんな感じで結構アクティブに就活をすることになった2月でした。

その就活費用の内訳は・・・

2019年2月の就活費用
  • 高速バス代・・・約7,000円
    →地元と福岡間の移動費です。インターンシップのSPI受験のためです。
  • 新幹線代・・・約7,000円
    →バスを使いたくないほど疲れていたので。ちょっとした贅沢ですね・・・
  • 飛行機代・・・約22,000円
    →大阪でインターンをする際に使いました
  • ホテル代・・・約12,000円
    →カプセルホテルだと寝れない体質なので安いホテル使いました。2泊分。

これに食費10,000円を加えると・・・

合計・・・約60,000円

ロイ
Ugh!!結構使ってるやないか〜い!!!

まあ、製薬会社でのインターンシップの移動費はほとんど出るようなので、20,000円は返ってきます。

だから実質負担額は40,000円にはなるんですけど。

それでもまあ、負担は大きいですよね。

まだ貯金は結構あるので大丈夫ですが、このペースだと本当に足りるのか分からなくなってきますね笑

スポンサーリンク

3月は就活解禁&ES提出が忙しそうなので頑張るぞい

とりあえず今は企業研究をしているところです。

自分が何をしたいのか、何ができるのかを明確にして、選考を受ける企業を選定していきたいと思います。

それでは、みなさんまた来月の報告記事で会いましょう。

就活の面接対策をするなら

↓面接対策をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就活を戦い終えた先輩方の情報がたくさん詰まった就活ノートで、この企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も参天製薬のインターンシップ選考で、過去に実際に参天製薬の選考を通過したESを参考にしました



↓ほんの数分で登録が終わります↓


就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス