【OfferBox】CMも出してる大企業からオファーされた!オファー型就活サイトがオススメな件

就活サイト

2019年も明けましたね。まずは明けましておめでとうございます。

そして新年を明けたと同時に、就職活動もこれからどんどんと本格化していきますね。

既に就職活動に対してアプローチを始めている人、まだ始めていない人それぞれでしょうが、就活は情報戦と呼ばれているので、自分1人で情報を集めるのには限界があります。

それは、就活を進めていく上で『自分から企業にアプローチする』ことでも同じです。

今回は、『企業から自分にアプローチをしてもらう』、オファー型就活サイトであるOfferboxについて紹介しようと思います。

ロイ
実際に僕も利用していますが、めちゃくちゃ凄いです^^
実際にオファーもいただきました^^
こんな人にオススメ
  • 就活を何から手をつけたら良いかわからない就活生
  • 自分がどんな企業から必要とされているか確認したい就活生
  • 自分から企業にアプローチすることにちょっと疲れてしまった就活生
スポンサーリンク

企業からオファーが来る!!オファー型就活『Offerbox』って?

ロイ
リクナビ、マイナビでインターン探したり、業界研究するの結構疲れるンゴ・・・

そう思っている就活生も多いのではないでしょうか??
はい、僕です。結構うんざりしちゃってます。

日本にある企業の数ってご存知ですか??大企業や中小企業全部含めますが、

なんと日本には400万もの企業があるそうです

まあもちろん、この数にはめちゃくちゃ小規模の個人経営の企業も含まれていますが、

こんな天文学的な数の中から、自分にマッチしそう、いきたい企業を探すのなんて無理があるんですよ。
だからほとんどの学生が、有名どころの企業を志望してしまう。

そこで、オススメしたいのがOfferbox。

OfferBoxは従来の自分からエントリーする就活ナビサイトとは真逆!

あなたの人柄と採用したい学生像が合致する企業から、インターン・選考・面談のオファーが届く新卒専用の就活サービスです。 OfferBoxから送られるオファー数には上限を設けているため、企業はあなたの自己PRやエピソードなどのプロフィールを読み、1通1通厳選してオファーを送っています。

引用:OfferBox

これまでの就活は、

  1. リクナビやマイナビなどの就活サイトに登録
  2. 自分が志望する企業に対してインターン等の申し込みを行う
  3. インターン経たり、経なかったりしてESを送ってエントリー
  4. 選考

って流れが基本的で、自分から企業に対して「ここでインターンしたい!」「ここで働かせてください!」とアプローチをしなければなりませんでしたね。

しかしこのOfferBoxは全くの逆でした。

自分のプロフィールを書き、それを企業が見て、企業が求める人物像であった時にはインターンや選考のオファーが来ます。

ロイ
どうせ誰彼構わずオファー送ってるんじゃないの???

と思う学生もいるかと思いますが、そうでないみたいです。

各企業に対して、オファーを送ることができる制限が設けられているので、企業からは精査を重ねた上でオファーが送られてきます

それは学生である僕たちにも嬉しいことですよね。

数少ないオファー枠を使って自分にオファーを送っていただけることは、「自分にも価値がる」ということを再発見できるという承認欲求を擽ってきます

ロイ
僕も登録してまだ2週間程度ですが、企業からオファーを2件頂き、ありがたいことにインターンと選考面接が決まりました!!

OfferBoxのココが良い!実際にオファーも貰えました。

OfferBoxを使い始めたキッカケはひょんなことからでした。

在籍している大学の就活講座で、OfferBoxの中の人が公演していたので試しに入れてみただけです。

ですが、登録してたった2週間でかなりの企業様に僕のプロフィールを見て頂き、そして既に2社からオファーを頂きました

と、こんな感じでオファーを頂いています。情報の保護と特定されるのを防ぐために、会社ロゴや会社名は隠していることはご了承ください。

上の企業は、誰でも絶対見たことがあるCMを作っていて、知名度抜群の会社です。

そしてもう1つは僕の留学を支援していただいトビタテ留学JAPANの支援企業様です。

辛い就職活動の中で、12月の段階でこの2社からオファーを頂いていることは何だか励みにもなりますし、ちょっと周りの人より進んでいる感じが良いですね。

ココが良い!①:企業が思った以上にプロフィールを見てくれている点

マイナビやリクナなどの大手就活サイトが企業を中心に作られているのに対して、OfferBoxは学生のために作られているため、企業のOfferBox内での採用活動が非常に活発である印象を受けます。

登録してたった2、3週間でただの地方の底辺国立大学の学生であるのにも関わらず、これだけ検索にヒットし、プロフィールも読んでいただいていました。

おまけに一番ビックリなのは、企業様のプロフィールの読み込み具合です。

企業からオファーが来ると、こういう感じでメッセージのやりとりをすることになりますが、その時の対応のされ方が、これまでの就活のあり方と全然違うんですよね。

このようにオファーをしてくれた企業に対して非常に、好印象を受けることもできますし、何しろ就活をちょっと有利に進めていけそうな感じがするのも良い点ですね。

ココが良い!②:自己分析に便利な自己診断が無料で出来る!!

OffeBoxでは、登録すると無料で性格適性診断を受けることができます。

これは就活を進めていく上で必要な自己分析にも大いに役立つと思います。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、社会で働いていく上で求められる力を251の設問から6タイプ25項目で診断します。社会人として様々な分野で求められる能力に対する、あなたの性格気質からみた強み、弱みをより詳しく確認することができます

引用:OfferBox

そして僕の診断結果がコチラ

ロイ
めっちゃ当たってるんだよなぁ・・・www

というのも、この性格診断、めっちゃ問題数が多いです。
そこらへんで受験できる、なんちゃって診断よりはるかに正確な結果が出ます。

自己分析のためだけでもOfferBoxに登録するのもありっちゃありです。

OfferBoxは良いぞ!
  • 企業が自分のプロフィールを精査した上でオファーが送られてくる
    →誰彼構わずオファーを送れない仕組みになっている
  • 高精度な自己診断が無料でできる
    →自己分析にも役に立つ
スポンサーリンク

地方の大学生こそOfferBoxに登録するべき

僕たち地方の大学生の問題点は、企業との接点が少ないことですよね。

都心に比べてインターンシップに気軽に参加することができませんし、就活イベントも少ないです。

そこで、OfferBoxに登録しておくことで、企業との接点も作ることができますし、交通費宿泊費支給のインターンシップのオファーをもらうことが出来れば、都心の学生と同様にインターンを経験できます。

自己分析にも役立ちますので、OfferBoxの登録を強くお勧めしておきます^^

合わせて登録したいオファー型就活サイト

OfferBoxと同様、オファー型の就職サイトは他にもあります。
その中でも管理人お勧めなのは、キミスカです。

コチラも無料で登録できますので、登録しておくと良いでしょう。

就活の面接対策をするなら

↓面接対策をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就活を戦い終えた先輩方の情報がたくさん詰まった就活ノートで、この企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も参天製薬のインターンシップ選考で、過去に実際に参天製薬の選考を通過したESを参考にしました



↓ほんの数分で登録が終わります↓


就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス