【Fランでも】就活で有利!TOEICスコア800点取得の効率的で簡単な勉強法【865点】

TOEIC×就活

こんにちは、絶賛就職活動中のロイです。

就職活動を初めて早くも2ヶ月が経とうとしているところですが、就職活動を通じて感じることが1つあります。

それは、、、

ロイ
TOEICのスコアって思った以上に就活に響くな・・・

ってことですね。

もちろん就職活動の全てが、TOEICの点数やスコアだけで左右されるものではないことは百も承知なんですが、それ以上にTOEICのスコアで企業の人事の方の自分を見る目が変わるのは嫌という程体験しました

特に大手企業ではその傾向が顕著に現れていると感じます。

海外展開を目論む企業だったり、まさに今海外展開をやっている最中という企業は「最初から語学力のある学生」が非常にキラキラして見えるようです。

また、TOEICの点数が高いと東京大学や京都大学、早慶の学生と学歴では渡り合えないような地方国立大学の学生でも彼らと同じステージで戦えるようになるチャンスが増えるとも感じます。

今日は、僕がTOEIC865を取得するまでにやった勉強法と戦略をご紹介します。

ロイ
ぜひみなさんのTOEICスコアアップに役立ててください!!
こんな人にオススメ
  • TOEICの点数が伸び悩んでいる人
  • 就職活動を少しでも有利に進めたいと考えている人
  • 学歴で勝負できない大学生
スポンサーリンク

2019年1月の公開テストで865点でした

まずは論より証拠ですよね。わかりますその気持ち。

では、僕が865点を取得した証拠をお見せします!

これはTOEIC公式サイトの会員ページから閲覧できるスコア履歴の画面です。

本当は900点超えを目標に頑張っていたんですが、受験1週間前にインフルエンザにかかってしまい、テスト直前に十分な対策ができなかった状態で865点を取得することができました。

合計の勉強時間は約3ヶ月でしたね。

3ヶ月戦略を練って、しっかり対策すれば800点超えは誰でも達成できると思います。

TOEICスコア取得の鍵は自分の「課題発見」と「課題解決方法」にある

では、TOEICのスコア取得のための戦略はどうやって立てていけば良いのでしょうか。

これはTOEICだけでなく、他の全てのテストなどにも言えることですが、自分自身の課題をしっかりと把握した上での課題解決方法を練らないと意味はありません

要は闇雲に勉強するなってことです。

例えば・・・

闇雲なTOEIC対策の例

  • とりあえず単語帳でも見ておこうか・・・
    →TOEIC対策に単語を覚えることは優先事項としては低めです。特に大学受験を経験している大学生にとって単語学習に時間を割くのは非効率です。
  • ●日間で完成!のようなノウハウ本ばかり眺める・・・
    →ノウハウを覚えることは大切ですが、そのノウハウが自分のスコアをあげる最適解なのかどうか検討する必要があります。TOEICスコア取得がうまくいかない原因は、ノウハウが足りないことだけではないからです。

どうですか??結構当てはまったりしませんか??図星だ!と思う人はいますぐその勉強方法をやめた方がよいでしょう笑

ロイ
まさに大学一年生の時の自分のTOEIC対策の勉強方法がこれでした・・・笑

自分自身の課題をしっかりとフォーカスすること

ではそもそも「課題」ってなんのこと何でしょうか?

就活生
解決するべき問題とか???

まあほとんどの方が「解決するべき問題」というような回答をされると思います。それもあながち間違ってはいないんですけど、

課題とは何かという本質的な質問に対する答えは、目指すべき姿と現状のギャップです。

課題とは・・・

目指すべき姿と現状のギャップである!

図で表すとこうなります。

つまり、理想としている姿(TOEICで取得したい点数)と、現状(現在のTOEICのスコア配分や英語力)をしっかりと比較して、「何が問題なのか」「何が出来ていないのか」「リスニングとリーディングどちらの対策に時間をかければ良いか」などの自分の課題に対するアプローチ方法を練る必要があるという訳です。

ノウハウを覚えたり、単語帳をみて語彙力を強くするのはその後です。

例えば僕の場合だと・・・

僕の大学2年次のTOEICスコア(現状)と理想を比べた時の課題

  • リスニングの方が点数が低い
    点数が高いリーディングを上げるより、点数が低いリスニングを上げる方が点数の伸び率は高くなる。
  • リスニングに苦手意識がある
    →苦手だからこそ、対策をすれば点数の伸び率は高くなる。
  • 900点まで約220点上げる必要がある
    →リスニングだけの対策では足りない。リーディングが時間制限内に最後まで解けないので、読むスピードを上げる。最後のパートの対策を強化

と、こんな具合で、自分自身の現状をしっかり分析して課題を明確にすることから始めることが重要です。

課題が分かれば、その課題に対して適切なアプローチをすることができる、そしてそれが結果としてTOEICの目標スコア取得に繋がります。

逆に言えば、課題への打ち手は、現状把握によって大きく変わるということです。

課題に対して適切なアプローチが出来ていないと、スコア取得が出来ない根本的な問題に手立てを与えることが出来ないので、結果としてスコア取得には繋がらないのです。

スポンサーリンク

TOEICスコア800取得のためのオススメ問題集と勉強法

それでは、自分自身の課題と今何をするべきかが明確になったら実際にTOEICの対策をしましょう。

まず簡潔な結論から言うと、TOEICの対策にノウハウが載っているような参考書は必要ありません
必要なのは問題集です。

TOEIC対策は、“参考書<問題集”である。

  • ノウハウは実際に問題を解かないと身につかない
    →ノウハウ本が完全悪だとは思いません。ただノウハウって言うのは実践あってこそ身につくものです。参考書は掲載されている問題数が少なすぎて、ノウハウを身につけるには非効率です
  • TOEIC攻略の鍵は過去問にある。
    TOEICほど対策が練りやすいテストはありません。大学受験時を思い出しましょう。それぞれの大学に色があり、それに対応するために赤本を必死で研究したと思います。それと同じです。
  • TOEICは質よりも量をこなす勉強法が効果的
    →とにかく量をこなせる問題集がベストです。TOEICは年に何度も開催されているので、どうしても過去問から似たような問題をつくりがちです。TOEICの公式が出している問題集が特に最高だと思います。

何と言ってもオススメなのはTOEICを作成しているETSが出している問題集

そこでオススメしたいのが、ETSが出している問題集です。

ETSとは、

ETS(Educational Testing Service)は、1947年に設立され、米国ニュージャージー州プリンストンに拠点を置き、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT(全米大学入学共通試験)、GRE(大学院入学共通試験)を含む約200のテストプログラムを開発している世界最大の非営利テスト開発機関です。

引用:TOEIC

ざっくり言うと、TOEICを作っている団体のことです。

先ほどTOEICは過去問から似たような問題を作成していると述べたとおり、TOEICを作っている団体が作成した問題集を使うことが本番の対策にも繋がります

この問題集は解説があまり詳しくないことが難点ではありますが、掲載されている問題数は販売されている問題集の中でもトップクラスの掲載数です。

量をこなすにはこの問題集の右に出る問題集はないでしょう。

解説もある程度丁寧で、リスニングとリーディングを同時に対策したい方にはコチラの公式問題集をオススメします。
僕は先ほど紹介した問題集の方が好きですが、解説がある程度丁寧であることを求める方や、現在のスコアが600点未満の方はコチラの方が取り組みやすいと思います。

先ほども述べたとおり、量をこなすことがTOEIC高得点取得のコツです。

僕は問題集を2周してテスト本番に挑みました。それくらい真摯に努力をすることが大切と言うことですね。

本気でリスニング対策をしたい方にはスタディサプリENGLISHがオススメ

多少値段は張りますが、何としてもTOEICで高得点を取得したい方はスタディサプリENGLISHの利用をオススメします

僕も実際に利用しましたが、

注)もう僕はTOEIC受験を終えているので今週の学習状況が0分なのはご容赦ください笑

リスニングの対策をする上で、現在販売されているどの問題集やサービスの中で、スタディサプリより勝るものはありません。

スタディサプリENGLISHのオススメポイント

  • シャドウイング機能がある
    自分がしっかりと英語を聞き取れているかが確認ができる。そこから自分が聞き取れていない英語の音が分析できます。個人的にシャドウイングがリスニング上達の1番の近道だと思います。
  • 関先生の講義を聞くことができる
    →僕的には不要なんですけど、有名予備校で教鞭を執っていた関先生(受験生してた方なら半数が知っているのでは?)の講義を聞くことができます。特に英語初心者の方や600点未満の方は解説を聞く価値はあります
  • INPUTとOUTPUTの反復練習が効く
    →先ほどの述べたシャドウイングに繋がる点もありますが、ただ問題を解くだけで終わらないのがスタディサプリENGLISH。それをアウトプットする機会(シャドウイング)があることで、効率的に記憶に残ります
  • 問題数も多い
    →僕はテスト前の1ヶ月間利用させてもらいましたが、全て取り組むことはできませんでした。そのくらい問題数が多いです。たくさん練習ができます。

リスニングが特に苦手だ・・・
リスニングの点数を上げたい・・・

とお考えの方はスタディサプリENGLISHの利用を検討しても良いと思います。まあ、月額2980円ほどかかりますのであまり強くはオススメしませんが、高得点を取ることを自分への投資だと思える方は検討してみてはいかがでしょうか

スタディサプリENGLISH

日本が誇る大企業“リクルート”が運営、提供しているTOEIC対策サービス。スタディサプリENGLISHでは、圧倒的な問題量と、インプットとアウトプットの反復練習で効率的にTOEIC対策ができます。



七日間無料お試し可能!66円/1日で利用可能!

TOEICで高得点を取得して就活を少しでも有利に進めよう!

TOEICで800点以上のハイスコアを取得することは簡単なことではありません。

ですが、今日述べた通り、闇雲に対策をするのではなく、しっかりと自分自身の課題を把握してそれに対して適切な手立てを加えてあげることが出来れば高得点を取ることは何も難しいことではありません。

僕が今日伝えたいのは、そこなんですよね。

問題集やサービスは二の次です。

まずは、しっかりと自分と向き合って「自分の弱点」「課題点」「伸び代」を把握しましょう!!

就活のためのTOEICスコアはいつまでに取っておくべき?有効期限は?

2019年1月1日
就活の面接対策をするなら

↓面接対策をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就活を戦い終えた先輩方の情報がたくさん詰まった就活ノートで、この企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も参天製薬のインターンシップ選考で、過去に実際に参天製薬の選考を通過したESを参考にしました



↓ほんの数分で登録が終わります↓


就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス